【LINEマンガ】クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者

漫画まとめ

漫画アプリ『LINEマンガ』で 絶対に読むべきおすすめ作品「クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者」

剣と鎧と魔法が好きなら絶対ハマるマンガ、それが今回おすすめする「クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者」です。LINEマンガで5話まで無料で読むことができ、めちゃくちゃ面白いのに毎日数話ずつ無料で読めてしまうんです!

LINEマンガ

あらすじ

王に選ばれし13人の勇者たちは、伝説の剣を携え魔獣王クレバテスの討伐に赴く。その蛮勇は、エドセア大陸全土の人属を滅ぼしかねない最悪の危機を招いてしまう。世界に唯一残された希望は、魔獣王に託された一人の赤子だった——。

岩原裕二が挑む、初の本格ハイ・ファンタジー開幕!

LINEマンガより引用

という、あらすじの通り13人の勇者が魔獣の王を倒しにいくという王道のストーリーを展開していくのかと思いきや…という感じでスタートしていきます。1話からボリュームがあり、全編カラーで読み応えのあるストーリーになっています。マンガ好きに絶対におすすめしたい作品です。もし、この記事を読んで少しでも興味がありましたら是非「LINEマンガ」で続きを読んでみてくださいね!

クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者[第1話]

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

—– Presented by 岩原 裕二

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

物語は鎧に身を包んだ勇者たちが既に月の魔獣の王との最終決戦のような状況からスタートします。稲光とともに現れた神々しいオオカミが勇者たちの前に立ちふさがりました。

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

そのオオカミは魔獣の王のようで強さも相当なもののようです。13人もいる勇者たちが「今までの獣とはケタが違う」と警戒心を露わにしていました。

ですが、13人の勇者たちは怯むことなく赤い刀身が目立つ剣を魔獣王に突き立て、誇りに誓って戦うと宣言します。

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

一斉に魔獣の王に飛び掛かる勇者たちですが・・・。

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

一人の勇者が一瞬のうちに吹き飛ばされ瀕死の重傷に・・・。他の勇者たちも、その攻撃の速さにまったく反応できていなかったようです。

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

魔獣の王は尾のようなものをだして攻撃を続けます。勇者たちは避けることもできず、一人二人と身体を貫かれていってしまいます。(つ、つよい・・・)

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

ある一人の勇者が相手が影から攻撃していることに気づき「影から離れろ」と忠告します。「影から!?どうやって?」と質問に対し「跳ぶんだ」と言い放ちます。

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

鎧に身を包んだ勇者の一人が高く飛び上がり、魔獣の王に飛び掛かります。そして大きく横一文字に剣を振るうと魔獣の王の額にある角にわずかな傷をつけることに成功します。

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

しかしその後、魔獣の王にとってはとるに足らない弱い存在だった生き物が自身を傷つけ滅ぼそうとしていることに懸念を抱きつつも「この後も我が地を脅かすというのであれば 一度 確かめてみねばなるまい」と魔獣の王が黄色に輝くと・・・勇者たちはその光によって全員が吹き飛ばされてしまいます。

そして、場面が切り替わります。

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

「鉄鋼の国 ハイデン」という国の様子が映し出され平和な様相を見せます。首都はハイドラートという名前です。鉱山や鉄鋼で栄えている街のようで、至る所で煙突から白い煙があがり、賑わっている感じが伝わってきます。

すると、上空から一つの影が現れます。

その影は先ほど勇者たちと戦っていた魔獣の王でした。ハイドラートに街に魔獣の王が出現してしまったようです。魔獣の王は「攻め入ってきた勇者たちはハイデンの王に選ばれた」と言っていたことを覚えていて、自身の危害を加えてきた首謀者をせん滅するために街に直接乗り込んできたようです。王の衛兵たちが一斉に弓を構え、魔獣の王に対し攻撃を加えている様子が映っていました。

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

そしてまた場面が変わり、

衛兵の一人がハイデンの王と思われる人物の下へ駆け寄り魔獣が城下に現れたことを報告します。王は魔獣が城下に現れたということは討伐に向かっていた勇者たちが敗れたことを察し、「ハイデンの火を絶やしてはならぬ」と炉を閉じるよう命令するのでした。

LINEマンガ[クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者]

以上が、クレバテス-魔獣の王と赤子と屍の勇者の第1話でした。第1話では、13人の勇者がなぜ魔獣の王の討伐にしようとしていたのか、魔獣の王にはどんな考えがあるのか、そしてハイデンの王と勇者たちの関係性は分かりませんが勇者たちが敗れ、討伐の指揮をした国がピンチに陥っていることがよくわかります。さらに第2話、第3話と読み進めていくと世界観が大きく広がり、面白さがどんどん増していきます!ぜひ、続きが気になる方がいましたらLINEマンガで読んでみてください!

今私は、24話まで読み進めていますが続きが読みたくて仕方ありません笑

拙者速報管理人

拙者速報管理人

職業:お酒大好きウェブメディアクリエイター。最近ハマっているお酒に関する記事をまとめています!

関連記事

【特集】このマンガが面白い!

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP